ヒメカノ3の、こんなネタバレ!

≪無料立ち読みはこちら!≫


画像をタップすると・・

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


無料サンプルは、こちら

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ 


≪無料立ち読みはこちら!≫

コスモス(cosmos)に関わる伝説 「花言葉 少女の純潔」 ヨーロッパの小高い丘の上に可憐で、心優しい少女と病弱な父と2人で暮らしていた。その丘から続く小さな杜に木こりの青年ヨッシーミの小屋があった。2人は時々、丘に並んで青い空を見つめながら語り合うだった。 一方、丘を下った賑やかな街には、男らしい肉体に自信を持つ傲慢な猟師のガストンが暮らしていた。自分に心動かさぬ女性はいないと勘違いしたガストンは、或る日、少女の父が亡くなったのをいいことに無理に結婚を迫ってきた。 少女は身を守るため、一瞬にして可憐なピンクの花に、それをかばったヨッシーミも凛とした白い花に姿を変え、少女を守り続けた。丘には、白やピンクの花が一面に咲き乱れ、秋風の中、ただ1人ガストンが残された。 2人は互いに姿をコスモス(cosmos)に変え、純潔を守りぬいたのである………。 コスモス(Cosmos)はギリシャ語で美しいを意味するが、ピタゴラスが宇宙を指す言葉として初めて使用したという。今日ではコスモス(Cosmos)はカオス(混沌)の反対の言葉として、秩序、調和、そして宇宙を意味する。花びらのイメージ(整然と調和が取れている)から菊科の花の名前にもなり、花言葉は乙女の真心、赤い花は愛情、白い花は純潔、優美だそうである。なるほど、イメージにぴったりである。 道端にオニタビラコ(鬼田平子)が咲いていた。何で綺麗な花なのに鬼と付けるのだろうか。花の名前に似合わず、花言葉が純愛、想いとは不思議である。 でも、よく見ると、この花の可憐さと可愛らしさに何故か惹かれる。抜き取ってしまうのが、本当に惜しいと思ってしまう。私だけだろうか………。 道端では、今もしっかり根を張って生きている。



ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3ヒメカノ3

サブコンテンツ

このページの先頭へ